2017年6月29日木曜日

贅沢はいかが

梅雨のある日、雨の中それぞれ傘をさして、歩いて登園する幼稚園に講演に行きました。
「わ、きれい」
色んな傘が信号機の横で揺れています。
私は園長先生の迎えの車の中から、その様子を眺めていました。
雨の登園は大変だろうなと思いながら、いいなあ、贅沢だなあ、こういうの大事だよねと、思いました。

近頃、人形劇を観に来てくださる小さな人たちの中に、お家と公の場との区別がついていないんじゃないかな、と感じるお子さんがいます。
すぐに寝転んだり、大声で話したり。
そんなとき私はどうやってこの会場にいらしたのか、と気になります。
車かな、電車かな、自転車かな、と。
そして、多分車に<乗っけられて>おいでになっているんじゃないかと推測します。

大人の私たちも、飛行機移動が続くと、あれ、今どこだっけと、今いるところがわからなくなったりします。
ひと眠りしている間に札幌や博多についてしまうのですもの。
「思えば遠くに来たもんだ」
と、からだが納得できていないのです。

ましてや小さな人。
移動が早すぎて、からだが公のところに来たんだ、と納得できてないのでは、と思うのです。

「靴はいて、ジャリジャリ道を歩いていくと、急に車ブンブン道にでて。
へんな臭いと思って歩いていると、足元にふあっと暖かい風、ラーメンやさんの室外機だって。
角を曲がるとまた鼻につん。
焦げた臭いだなと僕は思うのに、ママは急にゆっくり歩きになって、良い香りって。コーヒー屋さんだって。 
そこまでいったらもう少しなんだ。 草ぼうぼうのお庭が見えて。 
もういいよ、とママが言うから、ママの手を離してぼく走ってきたんだ」

こんな風に手間隙かけて移動してきたら。
頭も体も心も一つになって、
「思えば遠くに来たもんだ」
と、
ここはお家ではない別なところなんだと、納得できるのではないのかしら。

そして、そんな体験は、大きくなったらきっと、贅沢な時間だったなあと、懐かしく喜びをもって思い出せるのではないかしら。


かえるくんがいっぱい。
札幌子ども劇場連絡会の小さな人たちからのプレゼント。

2017年6月15日木曜日

すれ違いもまたたのし


少し離れた駐車場に車を停めて、帰宅する途中でのことです。
小走りの、年長さんくらいの男の子と、そのお父さんとおぼしき人が私を追い越していきました。

「お兄ちゃん、まってえ」
振り向くと、2歳か3歳のお嬢さんがママと手をつないで走ってきます。
そして
「ママも走って!」
と。
ママはたぶん、
いつもより大股になってお嬢さんのスピードに合わせていたのでしょうが、
お嬢さんには伝わらず。
お兄ちゃんに追い付けないのはママのせいだと言わんばかり。

道を譲りながら、思わず私が吹き出すと、ママもにっこり。
いつもこうなんです、と目が言ってるみたい。

スピードの問題ではなくて、急いで走っているようにして欲しい、
ってことなんだね、
自分と「おんなじ」に。

素朴でまっとうなお願いと、
だから、私も急いでいるでしょ、というママの思いとが
少しだけすれ違う。

素敵だな。
私も若いとき、こんなやり取りしてたんだろうな。

懐かしさも混じりこんだほあんとした心持ちに。
初夏の涼やかな風の中のできごとです。


ふるさと山形から季節のたより。

2017年5月24日水曜日

どの子にも「よそのおばさんの」人垣を。

「面白いねえ、そのヘロヘロ線」

よそのお子には本気でそう言えるのに、
「もっと太く描こうか」
我が子の画くヘロヘロ線に、思わず声をかけたりする。

なぜだかよそのお子には暖かく、肯定的でいられる。

「うちの子おしやべりで」
とおっしゃる方には
「ハキハキしていて素敵」
と。

「モタモタするんです」
には
「じっくり取り組む方なのね」
と。

「人見知りで臆病なんです」
には
「慎重なんですよね」
と。

そう、責任がないからね。
いいところしか見えない。

我が子には、何をやっても、何かしら注文を付けたり、
誉めた後でさえ
「今度はもっとがんばろうね♪」
などと励まし、 際限がない。

親だからね。
期待と責任があるからね。

しかしふと我が身に当てはめてみる。

もし一緒に暮らす相方にそう言われ続けたらどうだろう。

何をやっても、もっと、もっと、と励まされ続ける暮らし!
いやあ堪らないなあ。

でも、ともすると我が子には、そうしてるよね、悪気なく。

そんな時、
のんびりと屈託なく我が子に
「いいねえ」
って言ってくれるよそのおばさんの存在はありがたい。
ある意味、我が子と比べているからよく見ているし、 嘘じゃないんだなその言葉。

「まんまでいいよ」
責任がないから言える言葉を持っている「よそのおばさん」が
我が子の周りにいてくれるって、
うんと素敵なことなんじゃないかな。

母にも子にも。



新潟でのワークショップにて。

2017年5月8日月曜日

キャッチボールとピンポンと

「なんでそんな言い方するの!?」
と、
日々の暮らしのなかで、突然、腹が立ったり悲しくなったりすることがあります。

そして、私ははっとします。
その直前の、私の言葉のきつさや失礼さに。

そうなんです。
会話は、キャッチボールでもありますが、ピンポンでもあるんですね。

強い玉が返ってきたら、その前の自分の玉を思い出してみる。
相手はこちらの強い玉に、ただただラケットを当てただけ、だったりする。
打ち返すというより、当て返しただけ、だったりする。

キャッチボールは、相手の玉を一旦うけとり、手のなかで握り直して、自分らしいやり方で投げ返す。
ピンポンは、そうはいかない。
下手なひとほど、考えている余裕もなく、「とりあえず」打ち返す。

だからね、ほら、
「あんなこと言って」
と怒る前に、傷つく前に、
その前の自分の玉がどうだったか、にも思いを馳せてもいいよね。

それから、
玉を握りかえて、
自分の方からキャッチボールに切り替えてもいいよね。


端午の節句のお飾りを折り紙で。
S・Tさん作。
 

2017年3月23日木曜日

レッテル急がず、まんまで受け取る♫

「それは僕が決めますから」と言われたことがありませんか。
小児科に子どもを連れて行ったときなどに。
医者に「どうかしましたか?」と訊ねられると、うっかり「この子風邪をひいたみたいなんですぅ」などと言ってしまう。
医者が聞きたいのは、できるだけ具体的な子どもの様子なんですよね。
平熱は何度で、今は何度なのか。それはいつからなのか。機嫌は? せきは? ご飯は食べたのか、食べないのか? うんちは出たのか出ないのか? などなど。
それらを総合して、病名や、手当の方法を決めますよ、ということ。
お芝居の感想も似たようなことが言えるようです。

ご覧いただいた後、「いかがでしたか?」とお訊ねすると、
「うちの子、面白がっていました」とか「飽きていました」とかおっしゃる。
そんなとき私は、
「で、どんな様子でしたか?」
と聞き直します。

前のめりの格好で見ていた、とか、口を開けて見ていたとか、隣の子と手をつなぎだしたとか、うちに帰ってからお父さんに自分から話した、とか、歌を歌った、とか。なかでも帰ってからの様子には一層興味が湧きます。

「飽きてしまいました」の感想のときは、さらに、どうしてお母さんがそう思ったのか、その理由、つまり、「そのときの表情や様子」を思い出して話してもらいます。

一生懸命見ていたのに、ぷいと後ろを向いてしまった、とか、お母さんのところに駆け寄ってきて違う話を始めてしまったとか、「トイレに行きたい」とか、「のどが渇いた」と言ったとか。
そして、合わせて、その時舞台ではどんなシーンだったかも思い出してもらいます。
すると、
友達との別れのシーンだったり、食べてはいけないものを食べちゃうシーンだったりする。

そうなんです。
小さな人たちは、ときに、一人で見ているのが辛くなり、お母さんのところに逃げてきたり、部屋から出て行きたくなったりするようです。
それは「飽きている行動」と、とてもよく似ています。
でも、物語がわからなくて、あるいはつまらなくてそうなるというより、良く解り、激しく心が動いたからこそ! の行動ということも沢山あるようです。

大人が勝手に解釈しないで、決めつけないで、その様子の意味するところを平な心で見つめてみると、小さな人たちは、大人の想像以上にいろんなことを感じ取っていることにお気づきになるでしょう。
尊敬といとおしさが生まれるにちがいありません。

上演後に小さな人たちと。
主演のかえるくんと握手

永野むつみさんの公演予定はこちら

2017年2月23日木曜日

「さわらないで」と言わないで

人形劇団ひぽぽたあむの公演の時には、入り口にこの「あむちゃん」と旗が飾られます。
幼稚園や保育園で公演の時は、飾っているときから、小さな人たちが集まってきて、可愛いねと見入ってくれます。

すぐに誰かがさわりだします。
すると、
「さわっちゃダメでしよ」
近くに大人がいるとたいていそう言います。
でも私は
「いえいえ、優しくさわってね」
とお願いします。
そうすると、たいてい優しくさわってくれます。

でもたまには、
トンボの羽が取れたり、さしてある軸が折れたり、男の子の腕がとれたりします。
なので、
こっそり大人には
「もし壊れたりしたら、叱らないで、オオサワサンの所に連れて来てください。彼が創った人だから」
とお願いします。
「そして、『治してください』と言えば、彼は少し悲しい顔をして、それから、『はいわかりました』と言いますから。そこまででひとつづきです」
と。

そうなんです。

乱暴に扱えば壊れるものもあることを知っている、というのも大事なことだと私は思います。
それを創った人がいて、壊されると大人でも悲しくて、
でも、治せるときもあること、も伝えたい。

小さい人のまわりには「壊れないもの」が準備されがちですけどね。


人形劇団ひぽぽたあむの公演は
この旗が目じるし。

気になってしょうがない、青いトンボ。

あむちゃん。



【公演のお知らせ】
片手使い人形劇
かえるくん・かえるくん

マックス・ベルジュイス原作
清水奈緒子訳(セーラー出版刊)

『かえるくんのとくべつな日』
『かえるくんのあたらしいともだち』
上映時間50分


ふれあいこどもまつりin府中
3月5日(日)11:00開演
府中市ルミエールBコンベンションホール
一人2000円・親子3000円
お申し込みはひぽぽたあむ
TEL042‐369‐1246
FAX042‐369‐0644

2017年1月24日火曜日

やさしい無関心


ドイツにいったときのことです。

広大な野外の、蚤の市(?)でビールを頼んだのです。
通貨に慣れてない私は、何と何を組み合わせ払えばいいのかわからす、こっちのポケットあっちのポケットをまさぐり、そう、モタモタ三昧。
しまいには手のひらにそれらを全部のせて、「ここからとって」とおじさんにつき出しました。
おじさんは笑いながら幾つかつまみとってくれ、ビールを手渡してくれました。
うまそー。すぐに一口。
すると、「ヒューヒュー」拍手や口笛。
振り向くと私の後ろには行列ができていました!

モタモタしているときは騒がず、見ない振りをしていてくれてたんだ。
嬉しいねえ。
私が幸せを手にいれたとたんに拍手。
我がことのように喜んでくれた。
この距離感。
私は好きです。

助けて、といわれるまで口を出さない。
もちろん命に関わらないことなら、という前提つきですが。
自分の力で、自分のやり方で、越えられるものは越えていく。
周りは、見るでもない、見ないでもない。
求められるまで口だし、手だししない。
そして、乗り越えられたら、周りも一緒に喜ぶ❤
素敵。

ちなみに目が不自由なかたをお連れするときに、手はとらない。
連行じゃないのだから。
こちらの肩に軽く手をのせていただき、半歩前を歩く。
なぜか。
ご自分が歩きたくなくなったら手をはずせる、自分の意思で留まることができる、ということ。
連れていかれる、のではなく自分で歩く。
進むも留まるも決めるのはご本人、援助者じゃないということ。

ね、ちょっといいでしょう。
小さな人たちとの距離の取り方と似てるような気がしますが、いかがですか?


ベルリンを歩く。



人形劇団ひぽぽたあむの新作『ねずみ女房』
2月5日(日)開演15:00
市川市文化会館
2月11日(土・祝)開演11:00/15:00
くにたち市民芸術小ホール
前売り2000円(当日2500円)
お申込み・お問い合わせ http://hipopotaamu.com